CASE STUDIES

  1. Visual Facilitation ワークショップ開催レポート 2018年9月15日

    2018年9月に、グラッフィクレコーダー、ビジュアルファシリテーターとして、世界的に有名なTim Hamons氏をシンガポールから迎えて、ビジュアル・ファシリテーションのワークショップを実施しました。

  2. 「英語で学ぶグローバルファシリテーション・ワークショップ」SPOTlight on Facilitation 参加者インタビュー Max Reading代表 二宮 “Max” 雅規さん

    2016年から開催している「英語でファシリテーション」を学ぶ、グローバルファシリテーション・ワークショップ SPOTlight on Facilitationに参加いただいた方のインタビュー記事です。

  3. 「英語で学ぶグローバルファシリテーション・ワークショップ」SPOTlight on Facilitation 参加者インタビュー 富士通株式会社様

    「英語で学ぶグローバルファシリテーション・ワークショップ」SPOTlight on Facilitationを、社内でもご導入いただいた、富士通株式会社の知財部門で、社内ワークショップなどに従事される皆さんに、英語を使ったファシリテーションの学びで得たもの、実際のお仕事にどう生かされたのか、について...

  4. これまでに開催した「英語で学ぶグローバルファシリテーション・ワークショップ」SPOT on Facilitation in Japan

    ナレッジサインでは、2016年より「英語で学ぶグローバルファシリテーション・ワークショップ」SPOT on Facilitationを、公開コースとして、毎年2~3回のペースで開催しています。

  5. 石倉洋子氏が新たにスタートするシリーズ “SINCA” ローンチイベントに、弊社代表 吉岡英幸がパネリストとして登壇しました

    石倉洋子氏が新たにスタートするシリーズ "SINCA"石倉洋子氏がファシリテーターを務められ、5年間続いた「ダボスの経験を東京で」シリーズをリニューアルし、SINCAシリーズとして新たに石倉洋子氏プロデュースで行うこととなりました。

  6. 英語でのファシリテーション・トレーニングでのグローバル人材育成教育事例【富士通株式会社様】

    富士通様は、国内ITベンダーの中でも、早くからグローバル展開に取り組み、着実にグローバルでの経営基盤を拡大しつつあります。そんな富士通のグローバル競争力を支えるのが、社員に対する、積極的なグローバル人材育成、グローバルリーダーシップ教育です。

  7. ティール組織に最適なマネジメント手法を学ぶ Management 3.0 Workout ワークショップ開催レポート

    このところ、ティール組織、ホラクラシー型組織など、自律的・ネットワーク型組織の例が注目を浴びていますが、そんな、自律的で、極端な場合、マネージャーという存在さえない、ネットワーク型組織に最適なマネジメントスタイルを学ぶのが、Management 3.0ワークショップです。

  8. 卒業性のラーニング・コミュニティ “SPOT on Facilitation Alumni Gathering” 第2回開催レポート Facilitative Leaderとは何か? 2018年1月17日

    2016年6月から開催している「英語で学ぶグローバルファシリテーション・ワークショプ」”SPOTlight on Facilitation” の過去の参加者が集うコミュニティ、Alumni Gatheringの第2回を2018年1月17日に開催しました。その内容をレポートします。

  9. 【開催レポート】英語で学ぶグローバルファシリテーション・ワークショップ

    英語でファシリテーションを学ぶワークショップの詳しい開催レポートを、映像も交えて消紹介しています。

UPCOMING EVNTS

ページ上部へ戻る