導入事例

英語で学ぶグローバルファシリテーション・ワークショップ開催レポート

ナレッジサインでは、2016年より「英語で学ぶグローバルファシリテーション・ワークショップ」と題して、提携するシンガポールのファシリテーション専門機関Facilitators Network Singapore (FNS)の代表である2人のファシリテーター、Prabu Naidu氏、Janice Lua氏を招いて、3日間のファシリテーションのワークショップを開催しています。
以下は、その内容レポートです。。

本ワークショップは、
・英語で議論する力を身につける
・グローバルリーダーに必要な協働を促すためのファシリテーションスキルを身につける

ことを目的に、外国人ファシリテーターの指導のもと、3日間のワークショップ期間中、講義もグループディスカッションもすべて英語で実施されました。
今回は、日本受講者だけでなく、日本で仕事をする外国人を受講者も数名参加し、文字通りダイバーシティ環境の中でワークショップが実施されました。
 

Day1 グローバルファシリテーションの基本を知る

 
1日目は、ファシリテーションの基本を学びます。本ワークショップの正式名称は”SPOT on Facilitation”。SPOTとは、FNSが考えるファシリテーションに関する独自の概念で、それぞれSpace, Process, Outcome, Timeを指し、この4つの要素がファシリテーションにおける基本要素であると位置づけています。

また、ファシリテーションのプロセスをDetermining, Design, Deliver, Debrief の4つ、つまり、目的の明確化、ファシリテーションのデザイン、実際のファシリテーション、結果の振り返りの4つのプロセスで定義し、それぞれのプロセスで有効なツールやフレームワークを紹介していきます。
 
instruction1_2 instruction2_2
 
さまざまな価値観の人々で構成されるグループをファシリテーションする場合、直観的にわかりやすいグラフィック・ツールが必要です。
それぞれのツールやフレームワークを理解するために、さまざまな演習が用意されていて、常に受講者がインタラクティブにコミュニケーションが取れるようになっています。
 
question1_2 question2 outcome2_2 voting1_2
 

Day2 グループファシリテーション実習

 
2日目からは、より実践的な内容に移行していきます。全体を4グループに分け、与えられたケースに対してグループでファシリテーションをする実習です。
ケースは、それぞれのグループに対して異なるケースが与えられ、ローテーション形式でファシリテーションしていきます。たとえば、グループAがファシリテーションする際は、グループBとグループCが会議の参加者役、グループDは、グループAに対する気づきをシェアするオブザーバー役と言った具合です。
 
delivery1_2 delivery2_2
 
ファシリテーションセッションは、30分で行われ、その30分をどうデザインするかを、グループ内でディスカッションします。このデザインにおけるディスカッションが重要な学びの要素です。デザインにあたっては、どんなツール、フレームワークを使うべきかが指定されているのですが、そのツールを使って、どのように30分のファシリテーションを進めるかは、グループで決めます。

その進め方のディスカッションを、限られた時間の中で、真剣に、しかも英語でやらないといけないので、とてもタフで、学びの多いワークになります。
 
design3_2 design2_2 design1_2
 
ファシリテーションセッションの後は、講師からていねいなフィードバックが得られるのもこのワークショップの大きな特徴です。また、講師だけでなく、参加者役、オブザーバー役からもフィードバックをもらいますので、受講者同士の気づきのシェアも重要な要素になっています。
 

Day3 グループファシリテーション実習 応用編

 
3日目は、2日目と同じく、グループ単位でのファシリテーションセッションですが、ケースの設定が異なります。
今回は、受講者が独自にケースを創作します。創作されたケースを他のグループに共有し、そのケースに対してファシリテーションをしていきます。
ファシリテーションのデザインも、今度は使用するツールが指定されていません。自分たちでどのようなツールを使ってファシリテーションすべきか、から考えます。そういう意味では、デザインの難易度は上がりますが、自由度も上がってきますので、グループのチームワークが、ファシリテーションの出来具合に大きく影響してきます。

2日目と同じく、30分のファシリテーションセッションの後は、フィードバックタイム。より具体的で、高いレベルのフィードバックになっていきます。
3日目のファシリテーションセッションは、ビデオ撮影も行うため、後で自分たちのファシリテーションがどのようなものだったか、振り返ることができます。
 
feedback1_2 feedback2_2 feedback3_2

このように、3日間を通して、自分たちで考え、グループ内で積極的なコミュニケーションをしていくことが求められますので、3日間の体験自体が、ファシリテーションの大きな実践になっています。
 
Group1_2 Group2_2

⇒2017年11月9~11日 英語で学ぶグローバルファシリテーション・ワークショップ 次回開催の詳細はこちら

本ワークショップの模様がわかる映像です

 
以下に3日間のワークショップを10分程度に凝縮したビデオ映像があります。
ワークショップの雰囲気がよくわかると思います。参考にしてください。

 

ファシリテーション参加者の感想

 
以下にファシリテーション参加者の感想があります。(日本語版・英語版両方あります)
 
インタビュー協力:Next Leap(ネクストリープ) 橋本博季さん

 
インタビュー協力:塩野義製薬株式会社 人事部 中井康司さん

 
インタビュー協力:株式会社シーエーシー様

 
インタビュー協力:株式会社シーエーシー様

 

本ワークショップの講師(ファシリテーター)

Prabu Naidu Co-founder of Facilitators Network Singapore (FNS) 

Prabu2

Prabu Naidu氏は、Philips, AT&T, Compaqなどの多国籍企業において、約20年間に渡るエンジニアリング、品質管理、プロジェクトマネジメント、マネジメント変革、サプライチェーン改革などの多様な経験を通して、組織変革やファシリテーション、コンサルティングの方法論を確立してきました。
2000年以降、組織変革の専門サンンルタント、ファシリテーターとして、世界各地の多国籍企業で、さまざまな組織変革のファシリテーションに従事してきました。
2004年にJanice Lua氏と共同でFacilitators Network Singapore(FNS、シンガポール・ファシリテーター協会)を設立。FNSは、シンガポールを中心にASEAN諸国やヨーロッパのファシリテーターを2000名以上登録し、アジアを中心とした世界各国でファシリテーターの活躍の場を広げている。
受講者の心をつかむファシリテーションが特徴で、グローバルで汎用的なファシリテーションのツールを数多く紹介した著書”SPOT on Facilitation”をJanice Lua氏と共著で出版している。際的なファシリテーション団体であるINIFACの理事も務める。

Janice Lua  Co-founder of Facilitators Network Singapore (FNS) 

Janice Lua氏はイギリスにてTechnology Managementの科学修士号を取得し、オーストラリアにてMBAを取得。10数年にわたって、世界のさまざまな国で組織変革、チームビルデイング、ビジネスプロセス改革、マネジメント改革などのファシリテーションに従事している。
企業内の問題解決だけでなく、技術や社会、地域問題など、さまざまなテーマで多様な手法を活用したファシリテーションを得意とする。2004年にPrabu Naidu氏と共同でFacilitators Network Singapore(FNS)を設立。国際的なファシリテーション団体であるINIFACが認定するプロファシリテーターのアセッサーの資格も持つ。”SPOT on Facilitation”をPrabu Naidu氏と共著で出版している

Jacob Erlich ファシリテーター

アメリカ、ニューヨーク出身。アジアを始め、世界のさまざまな国を舞台にファシリテーションや組織開発、人材開発の経験を豊富に持ち、さまざまな業種の企業にファシリテーションやトレーニングのサービスを提供している。世界のあらゆる教育機関、コンサルテング企業と提携しながら、現在は日本を拠点にして、国内外の様々な企業にファシリテーションやコンサルティングを提供している。得意な分野は、組織開発、マネジメンント強化、コミュニケーションスキル開発、関係性構築、問題解決などで、ダイナミックなファシリテーションと優れたワークショップデザインに定評がある。
今回のグローバルファシリテーション・ワークショップのオーガナイザーでもあり、今回はPrabu Naidu氏、Janice lua氏ともとにコ・ファシリテーターを務める。

吉岡英幸 日本人コ・ファシリテーター 株式会社ナレッジサイン 代表取締役

プロのファシリテーターとして、400件以上の議論の場をファシリテーションした経験を持つ。
IT業界を中心に、企業のCIOや人事部門リーダーを対象にしたラウンドテーブルトークや、経営幹部を対象にした企業内会議のファシリテーションなど、さまざまな場のファシリテーションを手がける。
ファシリテーションや各種コミュニケーションの研修も開催し、ファシリテーションを活用したグローバル人材育成プログラムの開発にも積極的に関わる。自らが体験しながら海外の研修事業者のプログラムを紹介することで、世界の良質なコミュニケーション研修を、グローバル人材育成の一つの手段として適用しようとしている。
※本ワークショップはすべて英語で実施されますが、日本語と英語の両方を話せる日本人ファシリテーターがアテンドをいたします。日本人受講者がスムーズにワークショップを進行できるようにサポートいたしますので、安心して受講いただけます。

 

■次回開催日 2017年11月9日~11日
■会場 アクシスコンサルティング株式会社 セミナールーム
千代田区麹町4-8 麹町クリスタルシティ6F
■主催 株式会社ナレッジサイン
アクシスコンサルティング株式会社

⇒2017年11月9~11日 英語で学ぶグローバルファシリテーション・ワークショップ 次回開催の詳細はこちら

■この件に関するお問い合せ先

株式会社ナレッジサイン
採用担当:代表 吉岡英幸
TEL 03-3555-6901/FAX 03-3555-6902
E-mail: info@k-signs.co.jp

お気軽にお問い合わせください。TEL 03-3555-6901受付時間 9:30~18:30(土・日・祝日除く)

メールでお問い合わせはこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ