導入事例

社内ブログを成功させるシステム・機能を検証(後編)[08/02/08]

株式会社CIJ主催 社内ブログ立ち上げを検討する企業のための
「社内ブログ活用研究会」第5回(後編)
日 時 2008年2月8日
主催 株式会社CIJ
ファシリテーター 株式会社ナレッジサイン 吉岡英幸
参加者 社内ブログを既に導入している企業、導入を検討している企業、およびブログ・システムを提供しているベンダー、など、計8名
ゲスト 久米信行 様 久米繊維工業株式会社 代表取締役社長
 株式会社CIJでは、社内ブログを既に活用されている企業、今後導入を検討している企業の方とともに、社内ブログによる情報共有のあり方を考える「社内ブログ活用研究会」を開催しております。第5回ではベストセラー「ブログ道」の著者である久米信行様をゲストに迎え、ブログの書き手の視点からのたくさんのお話しをいただき、本研究会に新しい論点が加わりました。その模様の後半部分をレポートします。
 企業内における自己実現ツール
 久米さんは、自己実現ツールとしてブログを活用するために、自分のブログを持ち、積極的に自分自身をアウトプットすることを勧めている。ブログというメディアは、優れた技や豊富な知識、魅力的なコンテンツやキャラクターを持っていながら、自分をアウトプットする機会がない人たちにとっての大きな力になることを証明している。 これは、会社においても同じである。自分のスキルやポテンシャルをブログを通してアピールし、証明することができれば、会社の中で新しいチャンスをつかむこともできるだろう。

久米さんは、ただブログを書けばいいというわけではなく、ブログのうまい書き方があり、「ブログ道」と呼ぶブログを書く作法があると説いている。

ビジネスにおける仕事力には、自分を表現する力、情報をアウトプットする力も必要だ。社内ブログにおけるブログ道を極めることは、仕事力の中でも重要なアウトプットするスキルを高めることにもつながるだろう。

久米さんは、久米さんの会社で実践されている、社員同士がお互いのブログを品評する「ブログ品評会」をご紹介されていたが、このような取り組みは社内ブログの定着と書き手のモチベーションアップにも、とても有効だと思う。

クローズなブログかオープンなブログか
 久米さんは、ブログが本来外の世界に対して広く情報を発信するツールであること、また社内ブログが、社内というクローズな視点で発信される情報だけを共有することなどから、社内ブログを社内だけで閲覧するクローズなものにするのではなく、いわゆる営業ブログと同じまったくのオープンなものにしてはどうかと提言されていた。 私は、やはり社内でしか流通できない情報の価値というものがあるので、この意見に無条件で賛成はできないが、オープンなブログと社内ブログをうまく融合させるのは一つの手であると思う。

やはり、広い外の世界に向けて情報発信する方が「ほめられる可能性」が広がるので、書き手のモチベーションは高いだろう。実際に、営業ブログを毎日書いている人をたくさん知っているが、仕事の一つとは言え、個人ブログに近い、もしかしたらもっと高いモチベーションで書いている人が多い。

はじめは営業ブログから始め、これらの営業ブログの中で、これはぜひとも社内でこそ共有したいという記事をピックアップし、それにコメントをつけたものを社内で共有していく。このようにして、「社内においてもほめられる」という成功体験を多くすると、「社内向けに書きたい」という記事が増えてくるかもしれない。そうして「社内向けに書きたい記事」が増えてきたところで、社内ブログという入れ物を初めて用意する。これまでは入れ物を先につくる発想であったが、逆である。

◆ブログジョッキーの育成
 このようなことを可能にするためには、ブログジョッキーの存在が不可欠だ。ブログジョッキーとは久米さんの造語で、ディスクジョッキーやビデオジョッキーと同様に,良いブログを選んで,おもしろ楽しく紹介・応援して、ヒットさせる、いわばブログという場のファシリテーターである。

社内ブログの成功はこのブログジョッキーが鍵を握ると私は考える。社内のあらゆるブログの中から、多様な視点でほめるべきブログを探し、それをみんなに紹介する。このブログジョッキーの目利き力こそが、社内ブログを活性化させる原動力だ。

本研究会の参加者には実際にそういう役割の人たちがいる。注目の記事を探し出して、メルマガで紹介し、みんなに閲覧させる。そうして、埋もれている新しい情報価値、埋もれている優れた人材に目を向けさせている。

この場合のブログジョッキーには、「想定外のほめ方」ができる多様な視点が必要であろう。この研究会では、これまでもブログで共有される情報の「想定外の価値」というものにたくさん気づかされた。そういう意味で、この研究会は、今後の企業において必要とされる新しいスキルを持った人材、ブログジョッキー人材を養成する場へと発展していくのかもしれない。

●本レポートの前編はこちら

(文責:ナレッジサイン 吉岡英幸)

●久米信行さんが、日経IT Proの連載「企業経営に生かすBlog道」で関連記事を書いておられます。
●次回の研究会参加ご希望の方はこちら

●CIJが社内ブログのナレッジを提供するサイト【社内ブログ.com】はこちら

お気軽にお問い合わせください。TEL 03-3555-6901受付時間 9:30~18:30(土・日・祝日除く)

メールでお問い合わせはこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ