導入事例

【組織変革ファシリテーションの詳細事例PART1】厚生労働省補助事業 介護業界における人材確保推進のためのワークショップ 企画・設計編

ナレッジサインでは、平成26年度の厚生労働省補助事業の一環として実施された、介護業界の人材確保を推進するための組織変革プランを考えるワークショップのプログラム設計と全体のファシリテーションを行いました。その内容をご紹介します。

ワークショップ実施の背景 ハンズオンでの変革支援

 

介護業界では、高まる需要に対して恒常的に人材が不足していることが大きな課題となっています。人材の採用・定着のためには

・採用活動の改善
・人事の諸制度の充実
・経営やマネジメントの改善

が必要です。
これまでも、各事業者や事業者団体が個別にさまざまな取り組みを行ってきており、それらの取り組み事例を調査し、各事業者が参照しやすいように公開することで、介護業界の人材確保を支援することが厚生労働省の調査研究事業の主な役割でした。

しかし、成功事例を共有するだけではなかなか組織変革は進みません。そこで、各事業者の人事・採用に関わるキーパーソンを集めて、実際に各事業者の変革プランを作らせる試みを、ワークショップを活用して行うことになりました。言ってみればハンズオンの変革支援です。
ナレッジサインでは、このような「組織変革」を目的にしたワークショップのファシリテーションを数多く手掛けており、その実績を評価され、今回の補助事業のワークショップのプログラム設計と全体のファシリテーションに携わらせていただくことになりました。

人材の採用・定着のためには、上記のように採用のテクニックだけでは大きな成果は望めず、やはり経営やマネジメントの変革を伴う大きな組織変革が必要になります。
今回は、各事業者の人事・採用に関わるキーパーソンを集めて、以下の要領でワークショップを実施しました。

・対象:介護事業者の役員、あるいは人事責任者、現場の施設長層
・参加人数:34社/37名(7グループに分けて実施)
・実施期間:2015年1月~3月にかけて計3回のワークショップを実施

pic1

プログラム設計 3回のワークショップを有効に使って段階的なゴールを設定

 

参加者は必ずしも経営者ではなく、どちらかというと人材採用、人事業務の現場の責任者です。経営の改善につながるようなテーマを自分の意思だけで決定することはできません。
また、現場で仕事をしながら、人材確保のための課題を実感知として理解しながらも、さまざまな制約の中で改善が進まない現状も知っています。
そのような環境の参加者の方々と組織変革について中身の濃い議論をし、実行可能な変革プランを描いていくためには、ワークショップを進行するうえでの工夫が必要です。
我々は特に以下のような点に留意してワークショップのプログラムを設計しました。

●3回のワークショップの機会を有効に生かし、少しずつ議論の質を上げていき、段階的にゴールに達することを目指す
●計3回の開催期間中に確実に実行できるシンプルなアクションプランを作り、ワークショップの中でPDCAサイクルが回せるようにする
●ワークショップ参加者同士の知見をうまく共有し、結束力を高めることで変革のマインドを強化する

下図のように、「知識面」、「行動面」で変革プランの質を段階的に上げていき、最終的に、より本質的な課題に対して、本気の行動の伴った変革プランを描いていきました。

gra1
 

ファシリテーション体制 内部ファシリテーターを活用したグループファシリテーション

 

今回は、総勢37名のワークショップとなり、5~6名の7グループ構成となりました。
ナレッジサインの代表 吉岡英幸がチーフファシリテーターとして、全体のファシリテーションを行いましたが、各グループをていねいにファシリテーションすることは難しいので、各事業者から選抜した8名の方をファシリテーターとして養成し、各グループに一人ないし二人がファシリテーターとして付いていただくことになりました。

このファシリテーターの方々は、いずれも人材採用や人材開発に携わって来られた方々ですが、ファシリテーションは初めての経験です。そこで、内部ファシリテーターを活用したワークショップをうまく進行させるために、以下の点で工夫を行いました。

●グループワークではシンプルなフレームワークを活用して、各グループが同じ粒度で議論できるようにする
●事前にファシリテーター養成研修を実施し、そのフレームワークを使った議論の予行演習を行い、フレームワークの使い方の認識を共有しておく
●チーフファシリテーターが、各グループの議論の重要な局面に介入し、内部ファシリテーターをサポートする

特に、今回は、グループワークでの議論を同じ粒度、クオリティで行うために、シンプルなフレームワークづくりに配慮しました。
事前のファシリテーター養成研修で予行演習をするとともに、ワークショップの実際の議論で想定されるポイントをマニュアル化する工夫もしました。

ナレッジサインとしても、初めてファシリテーションをする内部ファシリテーターを使って、このような規模のファシリテーションを実施することは初めての経験でしたが、内部ファシリテーターの潜在的なスキルの高さと、意欲、そして上記のような仕掛けによって、参加者の高い満足を得られるワークショップを実施することができました。

pic2

(文責 ナレッジサイン 吉岡英幸)

※本ワークショップの詳しい内容については以下のページもご覧ください。
【組織変革ファシリテーションの詳細事例PART2】厚生労働省補助事業 介護業界における人材確保推進のためのワークショップ 第1回
【組織変革ファシリテーションの詳細事例PART3】厚生労働省補助事業 介護業界における人材確保推進のためのワークショップ 第2回
【組織変革ファシリテーションの詳細事例PART4】厚生労働省補助事業 介護業界における人材確保推進のためのワークショップ 第3回

※今回のワークショップを中心とした補助事業全体の報告書はこちらをご覧ください。(報告書は本事業の受託元の日本総研様より発行されています)
平成26年度老人健康保健増進等事業「介護人材確保のために事業者等が行う効果的な取組みに関する調査研究」報告書

お気軽にお問い合わせください。TEL 03-3555-6901受付時間 9:30~18:30(土・日・祝日除く)

メールでお問い合わせはこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ