コラム

【プレゼン力向上トレーニング Vol.2】絵を口頭だけで説明してみましょう

当社が定期的に開催している「わかりやすく話すためのプレゼンテーション力研修」の実際のプログラム内容から、ロジカルシンキングやプレゼンテーションのスキルを高めていくためのトレーニング方法を紹介します。
 

 細部ではなく全体像を伝える

 

当社のプレゼンテーション力研修では、「絵を口頭だけで説明してみましょう」という演習をやっています。
これは、受講者の一人に、ある絵や図を見せて、それを他の受講者に口頭だけで説明してもらい、他の受講者には、その説明を頼りにその絵もしくは図と同じものを描いてもらう、というものです。絵や図を口頭だけで正確に説明できるか?という演習です。

この演習で学んでいただくのは、絵や図を説明するための写実的な表現の技術ではありません。物事を正確に伝える際に、細部にこだわるのではなく、全体像をちゃんと伝えることの重要性を学んでいただくのです。

たとえば、次のような図をあなたなら口頭でどう説明しますか?
 

benz

「大きな楕円の円を描いて、その中に左側に小さめの円を描いて、その右側に同じぐらいの大きさの円を描いて、その2つが真ん中で交わって・・・」
といった感じの説明が、実際の演習では多く見られます。

図を忠実に再現させることを意識すると、どうしても細部の描写が中心になります。しかし、人に何かを正確に伝える際には、まずは全体像を共有することが何より重要なのです。

たとえば上司に報告や相談をするときには、まず「お取引様と支払いの件でトラブルが起こっているのですが。具体的には・・・・」という風に相談の要件、話の大筋を紹介します。いきなり細部から入って「去年の夏から取引が始まった××商事という会社がありまして、末締めの翌月末支払いの支払い規定で、請求書は翌月の5日までに送ってくれと言われておりまして・・・」となってしまうと、相談された方は「で、キミ何を相談したいんだ?」と言いたくなります。

相手に正確に伝えるためには、細部よりも話の全体像をうまく伝え、まずはこちらのアタマの中で理解しているものと、相手のアタマの中のイメージを共有しておくことが重要なのです。

絵の内容を伝えるのであれば、こちらが見ているキャンバスに何が描かれているのか、その全体像を伝えなければなりません。
風景画なのか、人物画なのか、室内なのか、屋外なのか、キャンバスの中はどんな対象物で構成されているのか。これらの全体像を最初に共有することで、相手が描くキャンバスの中身もこちらが見ているものと同じようなものになっていくのです。

人は全体像のイメージによって細部を解釈する

 

逆に全体像が共有されていないとどうなるか?わかりやすい例として「すき焼き」と「しゃぶしゃぶ」の絵で考えてみましょう。
「すき焼き」の絵を伝えるのに、「すき焼き」であることを伝えずに、鍋に肉や野菜など食材が煮立った状態だけを伝えたとしたらどうでしょうか?相手は食材の共通性から勝手に「しゃぶしゃぶ」をイメージするかも知れません。そうすると、相手は受け取った細部の情報に勝手に「しゃぶしゃぶ」の概念を投影し、食材の切り方や色合いなど細部の解釈が微妙に変わって、違う絵が出来上がります。

たとえば、上記の図であれば以下のように、まずは全体像を伝えることで、相手が同じものを描きやすくなります。

・円が4つある
・円の交わりで関係性を表した図である
・4つの円はなんらかの形で交わっている
・4つの円は、1つの大きな円と、同じくらいのサイズの小さめの円が3つである
・円の名称は大きな円がリーダーシップ、小さな3つの円が会議運営術、コーチング、ファシリテーションである

演習で、絵や図を再現してもらうのは、こちらが伝えたい内容と相手に伝わった内容のギャップが一目瞭然になるからです。
口頭の話ですと、伝えた時点ではどれだけ正確に伝わったかがわかりません。「俺の話ちゃんとわかった?」、「はい、わかりました」というやり取りをした後で大きなトラブルになって初めて「ちゃんと理解してなかったの?」ということがよくあります。
これが、絵や図を再現する演習だと、どこが正確に伝わり、どこが伝わっていなかったのか、そして何が原因なのかが、一目瞭然になります。
そして、原因のもっとも大きいものは、全体像のイメージを共有していなかったことにあることがわかります。

皆さんも職場でぜひ試してみてください。
 ⇒プレゼン力向上の公開研修についてはこちら

お気軽にお問い合わせください。TEL 03-3555-6901受付時間 9:30~18:30(土・日・祝日除く)

メールでお問い合わせはこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ