コラム

【プレゼン力向上トレーニング ビデオ解説 Vol.1】1分間で映画解説してみましょう

1分間で映画の内容を簡潔に説明できるか

本コラムでは、当社が定期的に開催している「わかりやすく話すためのプレゼンテーション力研修」のプログラム内容を紹介しながら、ロジカルシンキングやプレゼンテーションのスキルを高めていくためのトレーニング方法を紹介します。
今回は、いつも研修の最初に取り組んでいただく「1分間で映画解説しましょう」という演習の内容を紹介します。
この演習は、文字通り1分間であなたが過去に観た映画の内容を解説していただくものです。映画の宣伝が目的ではないので、ネタバレOK。あなたの解説を聞けば、1分間でその映画を観たつもりになれる、そんな解説をしていただきます。

この演習をなんのガイダンスもなしに実施すると、映画のアタマから時系列的に解説しようとしてファーストシーンの解説だけで1分間を使い切ってしまう人、印象的なシーンを長々と解説してしまって、どんな映画かさっぱりわからない人、とにかく時分の感想だけをしゃべる人、さまざまです。
映画を観たつもりになれる、とは言わないまでも、おおざっぱに映画の内容を理解することもできません。

 

 3つの核の構造で考える

 

この演習の目的は、自分が伝えたい話の内容を、短い時間で、重要な要素が漏れることなく正確に伝えることです。
短い時間でコンパクトに話すためには、シンプルな骨格をつくることが重要です。
映画を題材にした場合、どのような骨格にすることが望ましいのか。映画の骨格はおよそ【図1】のようになります。

movie1 

・舞台設定
・主人公のキャラ設定
・基本的な展開(結末/メッセージ)

あらゆる映画がこの3つの核の構造で語れます。たとえば、ブルース・ウィリス主演で有名な「ダイ・ハード」という映画。これをこの3つの核に当てはめると、【図2】のようになります。

movie2

これまでの刑事アクション映画が、事件が起こったときに主役の刑事が乗り込んで行くのが常識だったのが、この映画で初めて「運悪く巻き込まれる」という主人公のキャラ設定が生まれました。しかも、占拠された逃げ場のない空間で、完全に孤独な中で、たった一人で事件を解決するという展開がこれまでの映画になかった要素で大当たりし、似たような映画を数多く輩出し、自らもシリーズ5作まで制作されたのです。
 

動画で講師自身が解説

 
以下の動画では、講師自身がこのフレームワークを使ってダイハードについて説明しています。参考にご覧ください。

 

フレームワークをビジネスの話に応用

 

この3つの核をビジネスの話に当てはめることも可能です。
その場合【図3】のような構造が考えられます。

movie3

このように、伝えるべきことを絞り込みながら、話を短くコンパクトに伝えるためには、話を3つの核の構造でとらえることが有効です。その3つの核にはさまざまな視点があり得ますが、【図3】のようなものは、汎用的な構造として活用できると思います。
そして日常でできるトレーニングは、映画の内容を、この3つの核の構造で1分間で説明することです。ぜひ、職場や友人、家族との間で試してみてください。

 ⇒プレゼン力向上の公開研修についてはこちら

お気軽にお問い合わせください。TEL 03-3555-6901受付時間 9:30~18:30(土・日・祝日除く)

メールでお問い合わせはこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ