コラム

【英語で学ぶファシリテーションワークショップ体験@シンガポール】Day 3 I achieve エンゲージメントの力

3日目を迎える頃には、私の関心は、いかに私自身が成長できるかということから、いかに受講者全員をインスパイアできるか、せっかく日本から日本を代表するファシリテーションのプロが来ているのだから、講師が与えるものにプラスして、いかに一粒で二度おいしい体験をさせてやれるか、に変わっていた。

同時にダイバーシティ環境でもっとも重要なことは、英語などの言語力よりもむしろエンゲージメントする力であるということが肌身で理解できるようになっていた。
もちろん、ある一定以上の英語力は必要である。しかし、よく日本人が思い込む、ネイティブ並みの英語力かなければビジネスでは通用しない、ということはない。英語力が高くてもエンゲージメントする力がなければ仕事でパフォーマンスを発揮することはできない。特にダイバーシティ環境では、短い時間でいかにエンゲージできるかが問われる。

英語力が完璧ではない私が、プロとしての経験やナレッジをもとに参加メンバーをインスパイアしようとすると、英語力の不足をカバーするエンゲージメント力を相当強く発揮していかなければいけない。私は特にこのエンゲージメントを意識して3日目に臨んだ。

 

各セッションの後では、さまざまな受講者に対して、講師とは別の視点でのフィードバック、アドバイスを与えるようにしたが、ここで心掛けたことは、何が一番言いたいポイントなのか、それを主張する根拠は何なのか、経験か主観か。そしてそれらのアドバイスが相手に対してどのようなプラスをもたらすのか、ということをできるだけシンプルなキーワードでクリアに伝えるようにしたことだ。
普段日本語の会話では、言外を読み取ることを期待して、それほど意識して伝えない部分でもある。
後は、常に自信を持って語ること。特に英語での会話は「言ったもん勝ち」の世界があるので、自信を持って言いきることを心がけた。

また、エンゲージという点では、ユーモアのセンスも欠かせない。いかに場を和らげるトピック、表現を使うか。時にはオーバーアクションも伴って。

私が日本で主催するファシリテーション研修では、私自身が問題人物を演じるという演習をやるのだが、今回のワークショップでも、会議の参加者役に秘密のカードが配られ、誰かが問題人物を演じることになる。
ここは私の得意分野なので、私に問題人物の役が回ってくることを期待していたのだが、なかなか回って来ない。そして本当にこれが最後というセッションでやっと問題人物の役が与えられた。
ここで私はシェイクスピア劇ばりに思いっきり問題人物を演じて会場を沸かせることに成功した。もっとも、みんな目が点になっていたというのが正確な反応かも知れないが。

そんなパフォーマンスも含めて、3日目には私は異色のメンターというポジションを獲得していた。というわけで、挫折から始まった3日間のワークショップを、最後には満ち足りた達成感で終えることができた。

 

ワークショップが終わってから、FNSと提携の交渉に臨んだのだが、ワークショップであれだけコミュニケーションに苦労したことがウソのように、非常に快適でスムーズに運んだ。3日間のワークショップが、私自身のグローバルビジネスのパフォーマンスを上げることに大いに貢献したわけだ。
私の経験、気づきこそが、日本で言うグローバル人材育成にもっとも必要なものであるという確信を持った私は、FNSが主催するこのワークショップに日本人受講者を送り込むことを、グローバル人材育成サービスの第1歩とすることにした。
多くの日本人が私と同じように、挫折を経験しながらも、エンゲージメントする力に目覚め、自信を持ってグローバルな舞台でビジネスパーソンとしてのパフォーマンスを発揮して欲しいと切に願う。

グローバル人材の条件として非常に重要なことが、現地の食に馴染めるか?であるとよく言われる。そういう意味では、私はまだまだグローバル人材とは言い難い。シンガポール滞在中はついつい日本食に頼ってしまった。シンガポールの国民食チキンライスもまだ食べていない。これが私の次の課題だ。
 

⇒【体験レポート@シンガポール】Day 1 I regret 大いなる挫折 はコチラ

⇒【体験レポート@シンガポール】Day 2 I regain 自信を取り戻す はコチラ

※関連イベント:12月9~11日に「英語で学ぶグローバルファシリテーション・ワークショップ」を開催します。詳細はこちら

お気軽にお問い合わせください。TEL 03-3555-6901受付時間 9:30~18:30(土・日・祝日除く)

メールでお問い合わせはこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ