コラム

【チームReKG(リケジィ)交流会レポート】シニア技術者がワールドカフェ形式で活発な対話

シニア技術者人材の求人ニーズが高まっています。アクシスコンサルティングでは、シニア技術者人材のコミュニティ、チームReKG(リケジィ)を運営しています。
そして、ナレッジサインでは、チームReKG(リケジィ)の運営とファシリテーターを務めております。
以下のように、チームReKG(リケジィ)の第4回交流会を開催いたしました。その内容をレポートします。

第4回チームReKG(リケジィ)交流会 2017年2月28日

■場所:アクシスコンサルティング株式会社 カンファレンスルーム
■参加者 14名のモノづくりフェローの方々

昨年12月に、チームReKG(リケジィ)についてのプレス発表をして以来、次々と新しい仲間がチームReKG(リケジィ)に加わっています。今回も、新しい仲間も交えた交流会となりました。

チームReKG(リケジィ)の今後のめざす姿

今回の交流会の冒頭では、今後のチームReKG(リケジィ)のめざす姿について、事務局からプレゼンテーションがありました。

チームReKG(リケジィ)の活動は、かねてからシニア人材の技術顧問としての活躍を支援してきたアクシスコンサルティング株式会社の人材サービス事業をさらに充実させて、シニア人材、シニア技術者がもっと活躍できるフィールドを拡大したいとの思いからスタートしました。

人材サービス事業として見た場合、そこに登録する人材にとっての魅力は、事業者の規模、知名度、付加価値の3つに集約されるでしょう。
登録人材同士が互いにフェースツーフェースでコミュニケーションする場を提供している人材サービス事業者というのは過去に例がなく、シニア技術者同士が互いに交流できる場をつくることが、大きな付加価値になると我々は信じて、このコミュニティをスタートさせました。

今回も含めて過去4回開催した交流会では、のべ約50名の方が参加され、そこから新たな交流がスタートし、たくさんの知見が共有されました。
さらに情報発信にも力を入れ、交流会の内容を積極的に発信するとともに、リケジィ一人ひとりにスポットを当てたインタビュー記事も好評で、”顔の見える”シニア人材のコミュニティというイメージが定着しつつあります。

フェースツーフェースで交流できるサロンがあることがチームReKG(リケジィ)の魅力

オフラインでの交流だけでなく、交流会参加者の意見を取り入れ、ReKG(リケジィ)のFacebookページも開設し、チームReKG(リケジィ)の仲間が、オンラインでオープンに情報交換をできる環境もできました。

※チームReKG(リケジィ)のFcebook グループページ
(Facebookアカウントを持つ方ならどなたでも閲覧できます。投稿する場合は、グループへの参加を申請してください。)

交流会参加者からもチームReKG(リケジィ)の価値は、
「フェースツーフェースで交流できる場があること」
「この場をどう活用するか、参加したリケジィ一人ひとりの目的に沿って自由に活用できる環境があること」
「ゴールは特になくていい。サロンのような場があることが重要だ」

と言った意見が聞かれました。

そのような場としてこのコミュニティを継続していくとともに、今後はリケジィの活動をさらに後押ししていくための体制を充実させる予定です。

たとえば、技術顧問として国内・海外のベンチャーで活躍するリケジィの共通のお困りごととしてよく話題に上る、自分の不得意な分野での知見が必要なときに、リケジィネットワークの中から知見を持った適切な人を見つけたい、という要望に対しては、事務局内にコンシェルジェを置き、リケジィ同士の橋渡しができるようにしていきます。

また、チームReKG(リケジィ)のWebサイトに、リケジィ個人のPRができるスペースを設け、たとえば本を出版した方が、著書の宣伝ができる、といったことも可能にしていく予定です。

そして、「技術顧問」としての技術レベル、能力レベルを明文化して認定資格としていく「モノづくりフェロー認定制度」も本格的に立ち上げていきます。

ワールドカフェ形式でリケジィ同士の自由な対話

そして、5月1日には、初のオープンイベントとなるReKG(リケジィ)・サミット2017を開催いたします。これは、全国のシニア技術者100名を集めて、ワールドカフェ形式で、全体で対話をしようという試みです。

ワールドカフェとは、本物のカフェのようにリラックスした雰囲気の中で、4~5人単位の小グループで対話をする形式のイベントです。
何か簡単なトピックを決めて、それについて1ラウンド20~30分で自由に対話をし、グループをシャッフルしていきます。特に結論を出さなくてもいい自由な対話なので、いろいろと意見も出しやすく、そこからさまざまな気づきが得られます。

これを100名規模でやろうという、とても大胆な試みです。
実は、今回の交流会では、実際にワールドカフェ形式で、3つのグループ分かれていただき、以下のようなトピックで自由に対話をしていただきました。

・ReKG(リケジィ)の強さとは何か
・いつまでも情熱・エネルギーを維持し続けるためには
・ReKG(リケジィ)がもっと活躍できるために必要なことは何か
・ReKG(リケジィ)の使命、リケジィにしかできないこととは何か

通常の交流会は10数名の方々が1つのテーブルを囲んで一斉に議論し、けっこうな盛り上がりになるのですが、4~5各の小グループになると、さらにリラックスした雰囲気でディープな対話が展開していきました。

※その模様はこちらの映像でもご覧いただけます。

このような形式での対話イベントを100名規模で実施するのが、ReKG(リケジィ)・サミット2017です。
以下、概要になりますので、ご興味のある方はぜひご参加ください。

ReKG(リケジィ)・サミット2017 概要

【テーマ】~リケジィ一人ひとりのモノづくりジャーニーにドラマがある~

【日時】2017年5月1日(月)13:30-17:00
【会場】東京しごとセンター
    東京都千代田区飯田橋3丁目10番3号
【主催】 アクシスコンサルティング株式会社
【運営事務局】 株式会社ナレッジサイン

【定員】100名 

【リケジィ・サミットの開催目的】
・主に製造業出身のシニア技術者で、今も現役として、海外やベンチャー企業の技術顧問、国内企業のエンジニア、独立コンサルタントとして活躍している人材が、交流し、互いの知見を共有し、人材ネットワークを築くことを支援します。
・シニア技術者人材のさまざまなフィールドでの活躍の事例を紹介することで、シニア技術者人材のキャリア開発に貢献します。
・シニア技術者を活用したい企業からも参加もいただくことで、シニア技術者人材を活用する企業の視点での知見も得られる場とします。

【対象(参加条件)】 
・主に製造業出身の50歳以上の技術者の方で、現在就業中、あるいは今後の就業を希望されている方
・シニア技術者を活用したいと考えている企業、団体の方
※上記の参加条件に当てはまらない方は、参加をお断りすることがございます。あらかじめご了承お願い申し上げます。

【プログラム】
13:30~13:45 主催者あいさつ
13:45~14:15 基調講演
JCMS株式会社 アジア交流塾 塾長 井出 亜夫(いで・つぎお)氏
「これからの日本・アジア経済の展望におけるシニア技術者の役割について」(予定)

14:15~14:45 チームReKG(リケジィ)の活動のご紹介
実際にさまざまな製造業の現場で技術顧問として活躍するシニア技術者、リケジィの方にご登壇いただき、技術顧問の現場での実体験などをお話いただきます。

14:45~15:00 休憩
15:00~17:00 交流セッション
参加者全員参加のワールドカフェ形式で、参加者同士が交流し、情報交換や対話をします。
ファシリテーター:株式会社ナレッジサイン 吉岡英幸

交流セッションでの主なトピック
・ReKG(リケジィ)の強さとは何か
・いつまでもエネルギーを維持し続けるためには
・ReKG(リケジィ)の使命とは何か
・これからの製造業に必要なこととは
・ReKG(リケジィ)・ハッカソン(リケジィが集まって、モノづくりサービスのアイデアを考案)

【参加申し込み】⇒こちらからお願いします。

2017年2月28日 
文責:チームReKG(リケジィ) ファシリテーター ナレッジサイン 吉岡英幸

お気軽にお問い合わせください。TEL 03-3555-6901受付時間 9:30~18:30(土・日・祝日除く)

メールでお問い合わせはこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ