INSIGHT

  1. 『石倉洋子が語る』人工知能との協働でイノベーションを生み出すために、次世代グローバルリーダーに求められる資質 【WBAI掲載記事より転載】

    日本におけるグローバル人材育成の第一人者である石倉洋子氏は、人工知能の未来についてどう考えるのか。政治・分化・社会・技術を常にグローバルな視点でとらえている石倉洋子先生の考える人工知能の可能性についてお聞きしました。

  2. 英語表現の正しい意味は、”誰が言うか” で決まる “グローバル人材育成なら英語でファシリテーションでしょ?” Vol.10

    英語の正しい日本語訳はどうあるべきか?なかなか難しい問題です。英語は多義性が高く、文脈によって意味が異なり、いろんな言葉遊びやパロディ表現も使われます。しかもNative English Speakerはしばしば間違った英語を使います。会話における英語表現の正しい意味について考えたいと思います。

  3. 「ティール組織」に登場する株式会社オズビジョンの松田光憲さんにお聞きする、組織開発の奥深さとは? ~Management3.0 Inspiring Key Personインタビュー~

    2018年に日本でも翻訳版が出版され、話題となっている「ティール組織」(原題:Reinventing Organizations)。Management3.0の世界観に通じる、自律型・ネットワーク型組織のさまざまな事例が紹介されていますが、そこに登場する唯一の日本企業が、株式会社オズビジョンです。

  4. グラフィックレコーディング・ビジュアルファシリテーションの力 グラフィックレコーダーの先駆者Tim Hamonsとの出会い

    自分のワークショップのグラフィックレコーディングを見て、超感動!2014年8月、シンガポールで開催されたIAF Asia Conferenceで、私は初めて、自分のワークショップを英語でファシリテーションしました。しかもたった一人で。

  5. 「オレがオレが」系の問題人物にどう対処するか? ~会議ファシリテーションの極意教えます~

    会議の問題人物の中でもやっかいな「オレがオレが」系の人。そんな「オレがオレが」系にどのように対処すれば良いのか、会議ファシリテーションの極意をビデオの実演をもとに伝授します。

  6. 30分のデモ・ファシリテーションで学ぶグローバルミーティングの進め方7つのポイント “グローバル人材育成なら英語でファシリテーションでしょ? Vol.9

    当社が主催する、英語で学ぶファシリテーション “SPOTlight on Facilitation” における30分デモ演習の進め方をもとに、実際のグローバルミーティングの進め方をアドバイスします。

  7. プレゼン力向上トレーニング Vol.2「疑問形の活用と新聞の社説の朗読で、えー、あー、を言わないしゃべり方に改善」

    上手な話し方という点で、多くの人が悩むのが、「えー」、「あー」とか、「あのー」とかの間投詞や、「それで・・」などの接続詞が、ついつい多くてなってしまうことです。これはクセになってしまうので、なかなか治りませんが、どうすれば治すことができるでしょうか。

  8. The power of Graphic Recording and Visual Facilitation. How amazing Tim Hamons is.

    How I was amazed about the power of graphic recording.It was when I conducted my original workshop in IAF Asia conference in Singapore for the first...

  9. 「グローバル統括担当ですか?それじゃ、英語でファシリテーションぐらいお出来になるんでしょうねえ?」 ”グローバル人材育成なら英語でファシリテーションでしょ?” Vol.8

    普段英語でビジネスできていても、英語の議論では萎縮してしまう日本人2016年から、「英語で学ぶグローバルファシリテーション・ワークショップ」というワークショップを日本でやっていますが、ここに参加する日本人受講者は、いずれも普段英語を使って仕事をしている方々ばかりなのですが、外国人が混ざったグルー...

  10. 純ジャパ・グローバルファシリテーターの英語でファシリテーション初体験記 Vol.1「場違いにもほどがある?」

    今では、英語でのファシリテーションを学ぶワークショップ、SPOTlight on Facilitationのオーガナイザー、ファシリテーターとして、いろんな方に英語でのファシリテーションのノウハウをお教えしている私ですが、私自身は純ジャパで、2013年まで英語での仕事にまったく縁がなかったのです。

UPCOMING EVNTS

ページ上部へ戻る