INSIGHT

  1. アカツキのキーパーソンにお聞きする、なぜアカツキの人は、幸せそうに仕事しているのか? ~Management3.0 Inspiring Key Personインタビュー~

    「A Heart Driven World.」を社会ビジョン(夢みている未来の社会)、「Make The World Colorful.」をミッション(私たちが存在する理由)に、2010年に設立以来、モバイルゲーム事業とライブエクスペリエンス事業を中心に成長を続けてきた株式会社アカツキ。

  2. プレゼン力向上トレーニング Vol.3 コンパクトに説明することとは、まずは、どのようなカテゴリーの話かを相手に理解させること

    今回は、「人間の理解とは分類である」という考え方をベースに、人間は物事をカテゴリー化して理解する、という観点で、わかりやすい説明の仕方を考えてみたいと思います。

  3. 「オレがオレが」系の問題人物にどう対処するか? ~会議ファシリテーションの極意教えます~

    会議の問題人物の中でもやっかいな「オレがオレが」系の人。そんな「オレがオレが」系にどのように対処すれば良いのか、会議ファシリテーションの極意をビデオの実演をもとに伝授します。

  4. すべてのテレアポ営業パーソンの方に捧ぐ「プロの電話アポ取り術教えます」資料を公開します!

    ナレッジサインでは、営業の電話アポ取り術、インサイドセールスに関する講座などを提供しておりますが、この度、以下の趣旨にしたがって、日々電話アポ取りに取り組むすべての営業パーソンの方々に、「プロの電話アポ取り術教えます」と題した資料を公開することにいたしました。

  5. What is “Groove Making”? Groove Making Journey Vol.1

    Human communication in the future of post SingularityLet's groove. It might sound music topic. But it's about a kind of team communication topi...

  6. ビジネス英会話教室が、グローバルリーダー育成を阻んでしまう理由 “グローバル人材育成なら英語でファシリテーションでしょ?” Vol.11

    多くの日本企業が、グローバル人材、グローバルリーダーを育成しようと、企業内教育にたくさんのコストや手間暇をかけています。では、実際にどんな教育が実施されているのかというと、私の感覚値では、90%が「ビジネス英会話教室」です。

  7. 『石倉洋子が語る』人工知能との協働でイノベーションを生み出すために、次世代グローバルリーダーに求められる資質 【WBAI掲載記事より転載】

    日本におけるグローバル人材育成の第一人者である石倉洋子氏は、人工知能の未来についてどう考えるのか。政治・分化・社会・技術を常にグローバルな視点でとらえている石倉洋子先生の考える人工知能の可能性についてお聞きしました。

  8. 英語表現の正しい意味は、”誰が言うか” で決まる “グローバル人材育成なら英語でファシリテーションでしょ?” Vol.10

    英語の正しい日本語訳はどうあるべきか?なかなか難しい問題です。英語は多義性が高く、文脈によって意味が異なり、いろんな言葉遊びやパロディ表現も使われます。しかもNative English Speakerはしばしば間違った英語を使います。会話における英語表現の正しい意味について考えたいと思います。

  9. 「ティール組織」に登場する株式会社オズビジョンの松田光憲さんにお聞きする、組織開発の奥深さとは? ~Management3.0 Inspiring Key Personインタビュー~

    2018年に日本でも翻訳版が出版され、話題となっている「ティール組織」(原題:Reinventing Organizations)。Management3.0の世界観に通じる、自律型・ネットワーク型組織のさまざまな事例が紹介されていますが、そこに登場する唯一の日本企業が、株式会社オズビジョンです。

  10. グラフィックレコーディング・ビジュアルファシリテーションの力 グラフィックレコーダーの先駆者Tim Hamonsとの出会い

    自分のワークショップのグラフィックレコーディングを見て、超感動!2014年8月、シンガポールで開催されたIAF Asia Conferenceで、私は初めて、自分のワークショップを英語でファシリテーションしました。しかもたった一人で。

UPCOMING EVNTS

ページ上部へ戻る