NEWS/CASE STUDIES/INSIGHT

リモート当たり前時代にはチームや組織の概念が大きく変わる アフターコロナのファシリテーション Vol.1

2020年3月以降、コロナの影響でオンライン会議が定着し、テレワークも普通の風景になってきました。これまでのリアルでの対面のコミュニケーションが、オンライン、リモートのコミュニケーションに変わり、私たちも戸惑いながらも少しずつそれを新しい日常として受け入れるようになってきました。

今後コロナが収束したあとも、リモートやオンラインでのコミュニケーションがビジネスにおいて大きな割合を占めるだろうことは、論を待ちません。

それでは、そのような状況でのコミュニケーションの取り方、協働の仕方、チームビルディングのあり方とはどのようなものなのか、そしてチームの協働を促進するファシリテーターの役割はどのように変わっていくのか、これまでの経験をふまえながら、私なりに考察していきたいと思います。

近くの使えない人よりも、遠くの使える人とチームを組む

第1回は、チームや組織の概念が変わるというお話です。

仕事をするうえで「チーム」という言葉を使うとき、自分の「所属部署=チーム」という感覚のことが多いと思います。

ITエンジニア集団の組織などでは、自分の所属する部署よりも、お客様常駐先やIT開発現場など、実際に日々仕事をする場が職場であり、むしろそのプロジェクトメンバーとの関係性がチームという感覚でしょう。

いずれにしても同じ場所で協働している集団が一般的にチームという概念でしたが、リモートの場合は、「同じ場所で働く」という概念はなくなっていきます。

実はコロナのもっと以前から、ITの開発、製造業のR&D現場などでは、海外とリモートで協働することが増えており、国をまたいだレポートラインというのも珍しくありません。

ただ、今回の新型コロナ発生以降、あらゆる業務や職種でリモート化が進み、場所や時間の制約が大幅に緩和されました。

たとえば、営業業務でいけば、お客様への訪問が伴いますので、どうしても営業組織を地域のくくりで分けていましたが、お客様へもリモートで営業することが増えたため、営業部隊が、北海道、新潟、東京、岡山に在住するメンバーで構成される、ということも実現してきています。

このように場所の制約がなくなるということは、誰をチームメンバーに入れるかという選択肢が飛躍的に広がるということになります。

そして、リモートを中心に仕事を進めていく場合、人の移動に伴う手間やコスト、さまざまな物理的リソースの制約がなくなるので、メンバーを流動化させやすくなります。

必要な人材を一定期間だけチームに参加させ、必要な成果が出たら速やかに離脱させる、ということが可能になるのです。

これはチームを作る側にとっては、喜ばしい限りですが、メンバーに選ばれる側からすると、かなりシビアな状況と言えます。つまり、使える人はどこにいても常に需要があり、使えない人は、いっそう活躍の場がなくなる、ということです。

チーム間での交流や融合が増えていく

一方、我々は日々の生活の中でいろんなチーム、コミュニティとの関わりを持っています。職場の同僚とのチーム、プロジェクトメンバーとのチーム、社外の同じ職種の方とのコミュニティ、趣味のサッカーチーム、友人とのコミュニティなど。時として、そのようなチーム間の交流が発生することもあります。

趣味のサッカーチームに自分と同じ業界の人がいて、いろいろと仕事上の情報交換をし合ったり、社外の交流会で会った方が、お客様企業のキーパーソンであったりなど。自分がHUBになることで、自分のネットワーク内で交流が起こり、それぞれのチームの成果に何らかの貢献をすることがあります。

このような自分を取り巻くチーム間の交流や、相互の影響というものが、オンライン、リモートの環境ではもっと加速するでしょう。

これまでは、「仕事でいろいろと懸案になっていることについて、今度週末のサッカーの集まりで、あの友人に相談してみよう。」というペースだったのが、

「ちょっと今ZOOMで話できる?」とか、

「明日のうちのプロジェクトのオンラインミーティングにゲストとして参加してもらえないかな?」と言ったことが、従来よりも簡単で、抵抗なくできてしまいます。

実際に、私もこのようなことが最近多くなっています。オンラインを活用することで、仕事上のオフィシャルなチームと、自分のプライベートなコミュニティとの境界がどんどんとなくなりつつあるのです。

企業内においてギグエコノミーのような活動が増える

このような状況をふまえ、私は、今後以下のような特徴を持つチームの形が増えていくのではないかと考えています。

・ロケーションの制約のないチームメンバーアサイン

・チームメンバーは固定ではなく流動的

・短期間の目標を担うチーム運営

・いろんなチームと交流したり、融合したりすることで成果を出す

フリーランスの方がインターネットを通じて単発の仕事を請け負う働き方として、ギグエコノミーという概念がありますが、企業のプロジェクトも、そのように単発のタスクを請け負う社外のフリーランスの方々を活用した臨時チームを主体にして進んでいる実例が増えてきています。

あくまで私の予想ですが、今後、企業内のチーム運営も、ギグエコノミーのような形のものが増えてくるのではないかと考えています。

固定のメンバーと長期間チームを組んで協働していく仕事の仕方から、プロジェクトを細かいタスクに分け、タスク単位で適材をアサインし、流動的なチームメンバーでプロジェクトを進めていく形態です。

働く方は、長期間一つのチームに属するのではなく、あるチームのために単発のタスクを短期間で請け負い、それが終わったら別のチームの新しいタスクを請け負う。あるいは、同時並行でいろんなチームとタスクの単位で協働するというような、働き方です。

コンサルティング会社のコンサルタントや、アジャイル開発をメインにしている会社のエンジニアなどは、今でもそれに近い部分がありますが、タスクの単位はより細かく、チームと協働する期間も一層短くなり、所属部署という概念さえなくなっていくかも知れません。

新規事業開発のプロジェクトを例にとると、プロジェクトを大きく

1.マーケティングリサーチフェーズ

2.事業立ち上げフェーズ

3.事業運営フェーズ

の3つのフェーズに分け、フェーズごとに適材のメンバーでチームを組むことがあります。

これが未来のチーム運営では、もっと細かいタスク単位に分割され、タスク単位でチームメンバーが異なり、メンバーもどんどん流動していく形です。

もしも将来的にこのようなチーム運営が増えていったと仮定すると、チームの協働を促進するチームリーダー、ファシリテーターの役割も変わっていくでしょう。

未来のファシリテーターは、セッションバンドのバンマスのような存在

そのような未来型のチームの特徴を考えてみましょう

・チームメンバーは短期間だけそのチームに関わり、どんどん流動していく

・各チームメンバーの専門性が高い

・それぞれのチームメンバーは、個々にタスクの期間とゴールを持っている

・そのタスクを遂行するために短期間チームメンバーと協働する

ギグエコノミーの「ギグ」はもともと音楽用語で、バンドやミュージシャンがライブハウスなどで一夜限りのライブをやることを指します。

未来のチームを運営するチームリーダー、ファシリテーターは、バンドに例えて言えば、固定のメンバーでバンド活動をやるのではなく、メンバーがコロコロ入れ替わりながら毎晩ショウをやるセッションバンドのバンマスのようなものです。

ビートルズのカバーというコンセプトは維持しながらも、メンバーが変わるとレパートリーも変わる。そんな状態で、毎晩同じクオリティのバンド演奏をするためにうまくバンドを引っ張っていく。そのようなことが求められるのです。

けっこう大変な作業です。これまでのチームビルディングとは、異なる発想が求められるでしょう。

まず、じっくり時間をかけてビジョンを共有したり、チームの価値観を共有したりということができません。固定のメンバーで仕事をしていく場合、ビジョンの共有によってエンゲージメントを高め、価値観の共有で行動様式を共通化することがある程度期待できますが、2週間後にはメンバーの大半が入れ替わっているといった形式のチームでは、そこに時間をかけることができません。

チームのコンセプトメイキングと個性と協働を両立させる演出力が大事

その代わりにチームコンセプトというものをきちんと確立しておく必要があるでしょう。チームコンセプトとは、仕事のやり方のルールのようなのです。

ビートルズのカバーバンドなら、楽器は自由だけど衣装は統一にするとか、演奏スタイルは自分なりにアレンジしてもいいけど、曲の構成は原曲通りにする、などのルールです。

つまり、専門性や個性を尊重しながらも、チームとして協働する際の最低限のルールを明確にしておくことです。

バンドの場合、担当楽器が明確なので、役割も明確ですが、仕事のプロジェクトの場合、役割を明確に線引きするのが難しいことが多くあります。

また、プロジェクトのフェーズや、チームのリソースの状態によっては、タスクの重複や、タスク間のオーバーラップもあるでしょう。

そのような場合に、チームが必要とするタスクをマッピングして見える化し、メンバーが主体的に自分の役割を見出し、うまく協働できるようにする必要があります。

「今日はギターが3人いるな。よし、アビーロードのジ・エンドをやろうか?」とバンマスがそれだけ言えば、あとは「ギター3人でソロ回しだな」とメンバーが理解するように、チームリーダー、ファシリテーターがうまく協働を演出するのです。

私は、将来的にすべてのチームがこのようになっていくとは思いません。ただ、このような流動的な形でのチーム運営は確実に増えていくと思います。

そのときに、未来のチームリーダー、ファシリテーターに求められる要素とは、チームに接したときに、そのチームのコンセプトをすぐに理解し、言語化できる洞察力と、メンバーの役割をマッピングできるタスクマネジメント能力、そして、短期間で協働の関係性を作り上げる演出力になると思います。

アーティストの個性や専門性を見抜き、自由にやらせながらもチームとしての価値を最大限にする支援ができるプロデューサーのような役割。ビートルズに対するジョージ・マーティンのような役割が、未来型チーム運営のキーパーソンであると考えます。

第2回以降で、もう少し具体的に未来型チームでのファシリテーターの役割、必要な技術、アプローチについて論じてみたいと思います。

関連記事

UPCOMING EVENTS

ページ上部へ戻る