NEWS

9.292018

石倉洋子氏が新たにスタートするシリーズ “SINCA” ローンチイベントに、弊社代表 吉岡英幸がパネリストとして登壇しました

This post is also available in: enEnglish (英語)

石倉洋子氏が新たにスタートするシリーズ “SINCA”

石倉洋子氏がファシリテーターを務められ、5年間続いた「ダボスの経験を東京で」シリーズをリニューアルし、SINCAシリーズとして新たに石倉洋子氏プロデュースで行うこととなりました。
SINCA とはSharing Innovative & Creative Actionの略としており、セッションやディスカッションを通して意思を持った個人が行動するように後押しすることを目的としています。

このSINCAのローンチイベントが、9月29日に開催されました。”明日仕事を失ったらどうしますか?”をテーマに、5人のゲストスピーカーとのパネルディスカッション、参加者同士での英語でのディスカッション、そしてネットワーキングパーティーという流れでイベントが進行していきました。本イベントに、弊社代表 吉岡英幸が、「ダボスの経験を東京で」に参加しながら、グローバルな分野でのキャリアを築いてきたパネリストの一人として登壇させていただき、石倉先生とのパネルディスカッションを繰り広げるとともに、会場の参加者とも一緒にディスカッションに参加させていただきました。

さまざまな転換点を経験したユニークなキャリアを持つパネリストとのパネルディスカッション

イベントの9月29日当日は、霞が関コモンゲート・ナレッジスクェアに集まった100名の方を前に、まずは、5人のパネリストとのパネルディスカッションを行いました。今回ご一緒させていただいたパネリストは、以下の方々です。


Yusuke Suzuki/鈴木 祐介 氏

Google Japan Campaign Manager

TED/TEDx Director of TEDxTokyo, Co-Founder of TEDxNihonbashi,

Google Japan キャンペーンマネージャーを務める傍ら、TEDxTokyoディレクター、TEDxJapan Portalプロジェクト統括、TEDxNihonbashi 共同代表など、TEDxでも活動。


Satoko Ueyama/上山 聡子 氏

Recipe & Market CFO日本銀行、マッキンゼー勤務を経て、六本木ミッドタウンなど都内に3店舗のフレンチ新業態を展開。当日のケータリングも担当いただきます。


Yuka Tanimoto/谷本 友香 氏

Forbes JAPAN Deputy Editor/副編集長
トニー・ブレア(英元首相)をはじめ、これまでに3000人を超える、グローバルリーダー、VIPにインタビューした経験を持つ。


Masaki Takao/高尾 正樹

CEO& CO-FOUNDER JEPLAN INC./日本環境設計株式会社 代表取締役
「あらゆるものを循環させる」というビジョンのもと、Global展開するアパレル企業、大手通信企業と提携し、衣類、携帯電話のリサイクル事業を立ち上げる。東京オリンピックのメダルは、この会社のリサイクル技術で作られます。


Hideyuki Yoshioka/吉岡 英幸

CEO KNOWLEDGE SIGNS Global Facilitator/
株式会社ナレッジサイン 代表取締役

 


いずれも、グローバルな分野で活躍される、錚々たるキャリアをお持ちの方々で、お一人お一人にキャリアの転換点があり、それぞれ何がきっかけでキャリアの大きな転換があったのか、そのときどのように思って行動したのかなどをシェアし、楽しくパネルディスカッションは進行していきました。

100人の参加者と”明日仕事を失ったらどうしますか?”をテーマにディスカッション

イベントの後半では、およそ100人の参加者が10ほどのグループをつくり、”明日仕事を失ったらどうしますか?”をテーマに、自分たちならどうするか?意見を交換するディスカッションです。ともすればネガティブにとらえられがちなトピックですが、さまざまな考え方、経験、意見がシェアされ、会場はポジティブな熱気に包まれていきました。

 

イベント参加の感想 by 吉岡英幸

今回、このような形でパネルディスカッションのパネリストとして登壇させていただくという光栄な場をいただき、石倉洋子先生には深く感謝しています。

このイベントに先立って、石倉先生から、自分のキャリアについてのインタビューを受けたのですが、そこで改めて、自分自身のさまざまな転換点をふり返りました。グローバルファシリテーターとしての新たなキャリアに進もうと考えたのが、今からちょうど5年前、奇しくも、SINCAの前進となる「ダボスの経験を東京で」が始まった2013年と同じタイミングでした。

自分のこれまでの実績にとらわれずに、常に新しいことにチャレンジしていこうという意識をいつも持っているつもりですが、それは、石倉先生自身の、常に新しいことにチャレンジするという姿勢や、石倉先生のコミュニティに集まる、前向きな方々のチャレンジングな姿勢にも影響されているのだということを、改めて感じました。

今後のSINCAの展開

今回のイベントの詳しい模様、今後のSINCAのイベントについては、こちらのSINCAのFacebookページでもご覧いただけます。

SINCAのFacebookページ

This post is also available in: enEnglish (英語)

過去の記事

  1. 10.22019

    Live Graphic Recording Report for GCI’s Global Forum on 2nd August 2019

    Knowledge Signs delivered live graphic recording f...

  2. 10.22019

    国際カンファレンスでの英語でのライブ・グラフィックレコーディングの事例が公開されました

    ナレッジサインでは、英語でのグラフィックレコーディングのサービスを承っておりますが、この度、GCI ...

  3. 2.12019

    すべてのテレアポ営業パーソンの方へ「プロの電話アポ取り術教えます」資料を公開します

    ナレッジサインでは、営業の電話アポ取り術、インサイドセールスに関する講座などを提供しておりますが、こ...

ページ上部へ戻る