ブログ

  1. 会議ファシリテーション研修導入事例【ヤマトロジスティクス株式会社様】

    ヤマトロジスティクス株式会社様では、部門を横断した参加者が集まって、現場で起こるさまざまな課題について議論し、問題解決のアイデアを出し合う、P活みがきミーティングというイベントを定期的に開催しています。

  2. グローバル・ファシリテーション&Management 3.0 ワークショップ参加者インタビュー NTTコムウェア株式会社様

    ナレッジサインでは、会議ファシリテーション研修や、「英語でファシリテーション」を学ぶ、グローバルファシリテーション・ワークショップ SPOTlight on Facilitation、また、チェンジマネジメントの手法であるManagement3.0のワークショップなどを手がけていますが、これらのワー...

  3. フローレンス様にお聞きする、フローレンスの考えるセルフマネジメントとビュートゾルフ視察 ~Management3.0 Inspiring Key Personインタビュー~

    「親子の笑顔をさまたげる社会問題を解決する」をミッションに掲げ、病児保育や障害児保育、養子縁組などの事業を手がける認定NPO法人フローレンス様(以下、敬称略)は、2004年に訪問型病児保育の事業で創業し、現在は8つの事業領域で保育・福祉関連のサービスを提供しています。

  4. アカツキのキーパーソンにお聞きする、なぜアカツキの人は、幸せそうに仕事しているのか? ~Management3.0 Inspiring Key Personインタビュー~

    「A Heart Driven World.」を社会ビジョン(夢みている未来の社会)、「Make The World Colorful.」をミッション(私たちが存在する理由)に、2010年に設立以来、モバイルゲーム事業とライブエクスペリエンス事業を中心に成長を続けてきた株式会社アカツキ。

  5. プレゼン力向上トレーニング Vol.3 コンパクトに説明することとは、まずは、どのようなカテゴリーの話かを相手に理解させること

    今回は、「人間の理解とは分類である」という考え方をベースに、人間は物事をカテゴリー化して理解する、という観点で、わかりやすい説明の仕方を考えてみたいと思います。

  6. 「オレがオレが」系の問題人物にどう対処するか? ~会議ファシリテーションの極意教えます~

    会議の問題人物の中でもやっかいな「オレがオレが」系の人。そんな「オレがオレが」系にどのように対処すれば良いのか、会議ファシリテーションの極意をビデオの実演をもとに伝授します。

  7. 「英語で学ぶグローバルファシリテーション・ワークショップ」SPOTlight on Facilitation 参加者インタビュー Max Reading代表 二宮 “Max” 雅規さん

    2016年から開催している「英語でファシリテーション」を学ぶ、グローバルファシリテーション・ワークショップ SPOTlight on Facilitationに参加いただいた方のインタビュー記事です。

  8. すべてのテレアポ営業パーソンの方に捧ぐ「プロの電話アポ取り術教えます」資料を公開します!

    ナレッジサインでは、営業の電話アポ取り術、インサイドセールスに関する講座などを提供しておりますが、この度、以下の趣旨にしたがって、日々電話アポ取りに取り組むすべての営業パーソンの方々に、「プロの電話アポ取り術教えます」と題した資料を公開することにいたしました。

  9. 「英語で学ぶグローバルファシリテーション・ワークショップ」SPOTlight on Facilitation 参加者インタビュー 富士通株式会社様

    「英語で学ぶグローバルファシリテーション・ワークショップ」SPOTlight on Facilitationを、社内でもご導入いただいた、富士通株式会社の知財部門で、社内ワークショップなどに従事される皆さんに、英語を使ったファシリテーションの学びで得たもの、実際のお仕事にどう生かされたのか、について...

  10. What is “Groove Making”? Groove Making Journey Vol.1

    Human communication in the future of post SingularityLet's groove. It might sound music topic. But it's about a kind of team communication topi...

UPCOMING EVNTS

ページ上部へ戻る