イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ
イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ
トップページ news ワークショップレポート 会社概要 サービス内容 ファシリテーション研修 イベントカレンダー コラムページ メディア紹介 お問合せ
news
日立ソリューションズ 主催
ヒューマンキャピタル研究会2012 〜HRイノベーターへの変革〜

第5回 グローバル人事制度について考える
「いかにグローバルで人財を活用するか」

2013年2月27日(水)開催のご案内
日立ソリューションズでは、2008年より、企業の人事/労務管理リーダーが、ディスカッションを通じて人事/労務管理上の課題や解決策を共有する勉強会『ヒューマンキャピタル研究会』を開催しており、2012年度も下記にご紹介の通り、
全5回の研究会を予定しております。

2012年度第5回は、「グローバルでの人財活用」をテーマに、議論します。
グローバル企業にとって、「グローバルをスコープにした人財の最適活用」は重要な経営課題です。多くの企業では、グローバル規模での人財の適正配置、後継者育成、また、そのためのグローバルでの人事制度の統一に取り組んでいます。
しかし、グローバルでの人財ローテーションに重要なポジションであるマネージャー層への教育は、若手に比べて遅れているなど、実際に運用していくうえでさまざまな課題が顕在化してきます。 
そこで、今回の研究会では、日立グループにおける取り組みなども紹介しながら、以下のような論点で議論をしていきたいと考えています。

・各社の考えるグローバルでの人財活用とは具体的にはどのようなものか
・各社はグローバルでどこまで人財を管理しようとしているのか
・各社はグローバルで人事制度をどこまで統一しようとしているのか
・各社はどのような要件をグローバルマネージャーに求めているのか
・グローバルを対象にした後継者育成は可能か


こ皆様のご参加を心よりお待ちしております。


なお、2012年度のヒューマンキャピタル研究会では以下のテーマでの開催を予定しております。

第1回 2012年 6月21日開催 「パフォーマンスを引き出すためのモチベーション向上策を考える」 
第2回 2012年 8月30日開催 「人財情報の見える化を実現する具体的なステップを考える」
第3回 2012年10月25日開催 「目標設定と進捗フォロー、フィードバックのあり方を考える」
第4回 2012年12月12日開催 「グループ人事戦略を考える」
第5回 2013年 2月27日開催 「グローバル人事制度について考える」
                              
株式会社日立ソリューションズ
ヒューマンキャピタル研究会

ワークショップのイメージ



●開催概要
■開催日 2013年2月27日(水) 
■時間 15:00〜18:30 (受付 14:30〜)  
      ※ディスカッションの後半は、軽食をご用意した懇親会形式の情報交換会となっております。
       懇親会形式の情報交換会も含めた終了時間が18:30となっております。
■主催 株式会社日立ソリューションズ
■運営事務局 株式会社ナレッジサイン
■場所 日立ソリューションズ 本社別館
      東京都港区港南2-18-1 JR品川イーストビル20F
■参加費用 無料
■対象 人事/労務管理部門のリーダー、マネージャーの方
■定員 10名  
■内容 ファシリテーターの進行によるフリー・ディスカッション形式
■ファシリテーター  株式会社ナレッジサイン 代表取締役 吉岡英幸
■問合せ先 株式会社ナレッジサイン ヒューマンキャピタル研究会事務局 担当:水島 Tel : 03-3555-6901

■ヒューマンキャピタル研究会とは?
企業の人事/労務リーダーの皆様にご参加いただき、会毎のテーマについて、その解決方法、ナレッジを共有していただく少人数制の勉強会です。事前に2,3問の簡単なアンケートにご協力いただくほかは、特別な準備は必要ありません。研究会当日は、プロのファシリテーターが司会・進行を担い、ニュートラルな立場から議論のサポートをいたします。本研究会は定期的に開催しておりますが、毎回継続して参加いただいても結構ですし、関心をお持ちのテーマの会のみ、ご参加いただくこともできます。初参加の方も歓迎しております。

【研究会開催の目的】 
日立ソリューションズは研究会で得られたナレッジを人事ソリューション「リシテア」のサービスにフィードバックし、今後、更なるお客様への価値向上支援につなげていくこと、また、お客様がお持ちの課題について、共有し理解を深めることで、今後の営業活動の質とお客様へのサービス向上を目的とした取り組みと位置づけております。

■『人事/労務リーダーのための「ヒューマンキャピタル研究会』の過去の開催内容については下記をご覧ください
Vol.1 「価値創造のために取り組む労働時間管理の適正化」
Vol.2 「長時間労働を削減する具体策を考える」
Vol.3 「法令遵守と職場の実態のギャップをどう埋めるか」
Vol.4 「メンタルヘルス対策にどう取り組むか」〜心の病を予防・ケアする労務環境を作る〜
Vol.5 「メンタルヘルス対策 第2弾」
Vol.6 「不況下で企業の活力を維持する人事施策とは」
Vol.7 「改正労働基準法と運用における人事の取り組み」
Vol.8 「人事のシェアードサービス化を成功させるために必要なこと」
Vol.9 「人事業務のシェアードサービス化を成功させるためにPART2 
      導入済み企業と導入検討企業が考えるシェアードサービス提供のあるべき姿」

Vol.10 「あるべき就業管理システムについて考える」〜システム化とシステム選定のポイント〜
Vol.11 「2010年度に取り組むべき人事/労務管理上の重点課題とは
     〜2010年度の課題と施策の具体的内容を明らかにする〜」

Vol.12 「公平でパフォーマンス向上を促す評価制度と人事考課とは」
Vol.13 「ダイバーシティがもたらす人財価値 多様な人財を活かすワークスタイルの変革とは」
Vol.14 「人財価値とスキル定義〜人財に必要なスキルをいかに定義し、育成・評価していくか〜」
Vol.15 「人財価値と生産性〜人事/労務が生産性向上にどこまで切り込めるか〜」
Vol.16 「人財価値と人財ポートフォリオ〜人財の定着・維持と代謝の施策を考える〜」
Vol.17 「事業の継続・発展を支え、経営に役立つ ”攻め”の人事/労務部門となるために」
Vol.18 「人事/労務部門のプレゼンスを高めるためには
     〜人事/労務は”表舞台”に出るべきか、”縁の下の力持ち”になるべきか〜」

Vol.19 「グローバル人財の発掘の仕方/生かし方〜 グローバル人財とは?グローバル人財はどこにいるのか?〜」
Vol.20 「人財情報の見える化は企業価値を上げるか」〜人財情報コックピットで経営やマネジメントを強化する〜
Vol.21 「新しい職能評価制度とキャリア開発視点での目標管理」〜これからは評価制度をこう変える〜
Vol.22 「2012年度に具体的に取り組む人事/労務プロジェクトとは」〜新しい制度や施策の導入を成功させるために〜
Vol.23 「本当にモチベーション・アップは必要か」〜パフォーマンスを引き出すためのモチベーション向上策を考える〜
Vol.24 「どうすればタレントマネジメントできるのか」〜人財情報の見える化を実現する具体的なステップを考える〜
Vol.25 「目標管理を有効に機能させるには」〜目標設定と進捗フォロー、フィードバックのあり方を考える〜
Vol.26「グループ管理、シェアード化、制度共通化などをいかに進めるか」〜グループ人事戦略を考える〜
Vol.27「いかにグローバルで人財を活用するか」〜グローバル人事制度について考える〜

◆総括レポート PART1 「適正な労働時間管理を実施するために」(2008年12月1日発表)
◆総括レポート PART2 「メンタルヘルス対策への効果的な取り組みとは」(2009年3月10日発表)
◆2008年度総括レポート 「企業価値向上に向けた人事/労務リーダーの取り組み」(2009年6月1日発表)
◆2009年度総括レポート 「2010年の人事/労務における重点課題はどう変わるか」(2010年5月26日発表)
◆緊急調査レポート 「東日本大震災 そのとき人事/労務はどう動いたか、そして今後人事/労務が対応すべきこととは」(2011年6月22日発表)
◆2010年度総括レポート 「人財価値(パフォーマンス)を最大化し、企業イノベーションの旗手となる"攻め"の人事/労務のミッションとは」(2011年7月14日発表)
◆2011年度総括レポート 「変わりゆく人事/労務リーダーのミッション」(2012年6月6日発表)


■会場地図 

株式会社日立ソリューションズ 本社別館
 東京都港区港南2-18-1 JR品川イーストビル
 ※ご来社の際は20階(総合受付)までお越しください。  

 JR山手線、京浜東北線、東海道線、横須賀線
 東海道新幹線京浜急行 『品川駅』直結
↑ページトップへ戻る
お問合せ先 info@k-signs.co.jp | サイトマップ
Knowledge Signs Co.Ltd. All right reserved.