英語でファシリテーション

  1. 英語の議論で影響力を持つ力を身につける ”グローバル人材育成なら英語でファシリテーションでしょ?” Vol.3

    静的ファシリテーション私は、議論を進行していくファシリテーションには、動的ファシリテーションと静的ファシリテーションの2つがあると思っています。前者は「私がファシリテーターです」と宣言し、責任を明確にしながら、議論を進行していくファシリテーション。

  2. グロ-バルリーダーに必要なのはKey Messageを見つけられるツッコミ力 ”グローバル人材育成なら英語でファシリテーションでしょ?” Vol.2

    外国人はツッコミ好き海外で研修講師や、ワークショップのファシリテーションなどをするときに、顕著なのが、講師が講義している最中に、受講者が講師の話を遮り、どんどんと話しかけてくることです。

  3. 世界では“笑い”を制するものが“場”を制する ”グローバル人材育成なら英語でファシリテーションでしょ?” Vol.1

    “笑い”は世界共通の潤滑油外国人と英語などの外国語でディスカッションする際に、ちゃんと意志疎通できるだけでなく、積極的なリーダーシップを発揮することがグローバルリーダーには必要です。でも、これはとてもチャレンジングなことです。

UPCOMING EVNTS

ページ上部へ戻る