イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ
イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ
トップページ news ワークショップレポート 会社概要 サービス内容 ファシリテーション研修 イベントカレンダー コラムページ メディア紹介
ナレッジワークショップ議事録
NEC主催 CIOラウンドテーブル
〜企業力を高めるIT戦略を考える〜
第3回 「シンクライアントでセキュリティとイノベーションを強化する」

テーマ 〜企業力を高めるIT戦略を考える〜
「シンクライアントでセキュリティとイノベーションを強化する」
日 時 2008年9月3日
参加者 企業力を高めるIT戦略をデザインする、CIO・情報システム部長・IT戦略部門のリーダー
主 催 NEC
共催 ヴイエムウェア株式会社
ファシリテーター
株式会社ナレッジサイン 吉岡英幸

◆シンクライアント≠PCの代替物
 今回のCIOラウンドテーブルには、既にシンクライアントを導入している企業も数社参加している。そのうちの1社である、ある証券会社では、昨年より本格的にシンクライアントを導入しているが、「シンクライアントをPCの代替物とは考えていない」という。ファットPCと比べての単純なコスト比較ではなく、シンクライアント化することで得られる新たな経営価値、具体的には「BCP(Business Continuity Plan:事業継続計画)、セキュリティ、リソースの有効活用」を目的として、この企業ではシンクライアントを導入しているということだった。

 たとえば、セキュリティについて見てみよう。これまで、この企業では、ユーザーがデータを持ち出すことができないように、USBポートを特注のパーツで埋めていたという。また、CD-Rライターについても、「システム企画部が管理し、その都度、貸し出すようにしていた」とのことだった。ところが、そのような対策を多数打ち出しても、「ハードディスクそのものが盗難に遭った場合にどうするか、不安があった」という。もちろん、本当に重要な情報については、ハードディスク上に置かないよう、周知徹底すれば良いのかもしれないが、実際にはこのようなルールの徹底は困難を極めるだろう。だが、シンクライアント化することで、端末にデータを残すことが原理的に不可能となれば、端末から情報が漏洩するリスクを大きく減らすことができる。

◆事業継続性の実現、システムリソースの有効活用
 その営業活動に社会的責任の大きい企業はBCPに真剣に取り組まなければならない。端末に重要なデータがある場合、これはBCPの面からも大きな問題となる。というのも、その場合、自然災害や犯罪によって、端末が破壊されてしまえば、復旧は不可能だからだ。ところが、「そうした重要なデータは、サーバー上にではなく、個人のPCの中に入っていることが多い」(導入企業)。シンクライアント化することで、必要なデータをサーバー側に集中させておくことができれば、オフィスが予期せぬ災害にあった場合にも、代替オフィスで、すぐに事業を再開することができる。

 さらに、仮想PC型のシンクライアントであれば、ユーザー個別の環境を実現しながらも、共通する部分については、リソースを共有することで、総体としてのリソースを効率的に活用することができる。この企業が導入していたのは、仮想PC型のシンクライアントであったが、仮想化の技術が今後、より充実していくに連れ、必要なサーバーリソースもさらに少なくなると考えられる。

 シンクライアント化することで効率化できるのは、システムのリソースだけではない。
 ラウンドテーブルに参加していたある企業では、コールセンターにシンクライアントを導入し、各所にあったコールセンターのシステムを1箇所に集約した。「コールセンターでは、業務量によって、スタッフをどれだけ配置するかも流動的だ。センターの端末をシンクライアント化し集中することで、システムだけでなく、人的リソースも効率化できた」とのことだ。

◆目的に応じたシンクライアントの導入を
  「シンクライアント化する」ということは、サーバーにアクセスできる環境下にあれば、場所は問わず、どこでも自身のデスクトップ環境が再現できるということだ。CIOラウンドテーブルの参加者には、シンクライアントのこうした特徴を用いて、新たなワークスタイルを実現するため、導入を検討している企業も多くあった。

 たとえば、端末をシンクライアント化し、自宅からでもサーバーにアクセスすることができれば、在宅勤務を実現することができる。そうすれば、「自宅で育児をしながら仕事も続ける」という新たなワークスタイルが実現されることにもなるかもしれない。

また、シンクライアント端末と、サーバーにアクセスできる環境さえあれば、必要な資料はいつでも手に入れることが可能なため、ある導入企業では、会議室にシンクライアント端末を置いておくことで、どこでもペーパーレス会議を実現できる環境を整えている。「自分の端末を持ち歩く必要はない。グループウェアの掲示板で会議名をダブルクリックすれば、pdfの資料が用意されているので、そのファイルを開くだけでいい」。

 これまで見てきたように、シンクライアントには様々な効果、メリットがある。そのため、導入する目的によって、その投資対効果も異なるだろう。

 先述したコールセンターにシンクライアントを導入した企業では、コールセンターでの導入の目的を「総体としての管理コストの削減」とする一方で、「営業店で持ち出している端末については、これは明らかにセキュリティが重要な課題だと認識している」と経営価値向上に対する積極的投資と位置づけていた。

 導入のステップも様々だ。ある導入企業では、導入先に応じて、その業務に適した異なるシンクライアント端末を使用していたり、方式においても、ブレードPC型、仮想PC型シンクライアントの双方を用いている企業もあった。

 最終的に企業内の全端末をシンクライアント化することをゴールとする企業は多いが、いち早くシンクライアントのメリットを享受するためには、部分導入から始める、目的によってブレードPC型、画面転送型、仮想PC型など、方式を混在した導入など、様々な選択肢がある。

(文責:株式会社ナレッジサイン 森 天都平)


●NECのシンクライアントに関するソリューションはこちら


◆ワークショップレポートのトップページ
お問合せ先 info@k-signs.co.jp | サイトマップ
Knowledge Signs Co.Ltd. All right reserved.