イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ
イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ
トップページ news ワークショップレポート 会社概要 サービス内容 ファシリテーション研修 イベントカレンダー コラムページ メディア紹介
ナレッジワークショップ議事録
日立ソフト主催 ディスカッション形式ワークショップ
「リスクorメリット? 仮想化する理由、仮想化しない理由
前編
日時 2008年2月1日 東京開催
2008年2月5日 名古屋開催
2008年2月6日 大阪開催
主催 日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社
ファシリテーター 株式会社ナレッジサイン 吉岡英幸
参加者
サーバ統合などの目的で仮想化システムの導入を真剣に検討しているエンドユーザ企業様15社
仮想化に関するワークショップの第2弾を6月に開催決定(詳しくはこちら)

 乱立するサーバの集約・統合化、CPUの効率的な利用、またレガシーシステムの延命など、IT資産や運用管理コストの効率化を実現する手段として『仮想化』が注目されてきています。

 しかし、たくさんのメリットが認められる一方で、
「本番運用に耐えられるレベルなのか?」
「使用するアプリケーションが仮想化環境で動作保証されていない」

などといった不安が本格的な『仮想化』の導入のネックとなっています。

本ワークショップでは、実際に自社のシステムに仮想化を導入している企業、また、今後仮想化システムの導入を具体的に検討している企業15社に、東京・名古屋・大阪の3会場にお集まりいただき、各社が仮想化に何を期待しているのか、どのような考え方で仮想化を導入しているのか、導入現場の実際について語っていただきました。今回は前後編に分けて発表いたします。ここではその内容の前編をお送りいたします。

◆仮想化を検討する背景

 物理的なサーバを、ゲストOSという概念で論理的に異なるマシン環境に作り上げてしまう仮想化。今回のワークショップに参加された企業は、いずれも「仮想化」に対して積極的な取り組み姿勢を見せている企業だが、具体的な「仮想化」への取り組み状況を見ると、【グラフ1】のように、全15社のうち半数近い6社が既になんらかの形での仮想化導入に踏み切っていることがわかる。

 仮想化を検討する理由として、まず挙げられるのが、増えつづける物理的なサーバ台数の削減だ。業務の変化に応じてオープン系のさまざまなシステムが開発され、システム立ち上げのスピードも一段と早くなっているが、一方で、システムの立ち上げに応じてマシンもどんどん増えてくる。さらに可用性、冗長性対策も充実させることで、管理するサーバの数も膨大になってくる。

 ワークショップに参加されたある企業では、システムの稼働率のレベルを4段階に分けて、そのグループごとにマシンも分け、可用性、冗長性の対策をとっていた。そうなると、物理的台数はますます増大していく。仮想化による物理台数の削減は必須となってくる。

 仮想化を検討するもう一つの大きな理由として、レガシーシステムの延命がある。Windows NT4.0などのサポートが切れたOS上で稼動している業務システムを延命させるために、仮想化で同じ環境を持続する、あるいは、近い将来レガシー化するアプリケーションを延命させる目的で仮想化環境を構築している企業もある。


【グラフ1】仮想化への取り組み状況


  

【グラフ2】仮想化検討の背景となる課題


























◆仮想化の技術的な不安と導入の実際
 このような課題に対する解決手段として大いに期待されているのが仮想化であるが、導入に際しては不安も多い。

 第一に挙げられるのが、仮想化ソフトそのものや、仮想化されたゲストOSの上に載るミドルウェアや業務アプリケーションが安定して動作するのか、である。

 そして何か問題があった場合に、マシンベンダーやソフトウェアベンダーのサポートが受けられるかということである。

 技術的な問題に関しては、本ワークショップで仮想化ソフトを実際に導入していた企業では、仮想化ソフトに起因する問題はほとんど起きていないことがわかった。

 実際のマシンベンダーの見解では、仮想化ソフトとマシンとの相性問題は確かにあるらしい。マシンベンダーから仮想化ソフトのライセンスを購入する場合、自社のマシンに適合するように若干の手が加えられているらしく、仮想化ソフトを購入する場合は、現時点ではマシンベンダーから購入するのが安全のようだ。

 気になる仮想化環境での性能であるが、実際には古いマシンのものを新しいスペックのマシン上の仮想化環境に載せていることが多いので「処理速度が格段に上がった」という声が大きかった。データベースなどI/Oの処理負荷が高いものの場合、オーバーヘッドが心配されるので、VM(バーチャルマシン)上に載せるメモリ量の総和がリアルのメモリを超えないようにする、本格的に取り組む場合はSANストレージ環境を構築する、などの対策が必要なようだ。

 また、運用ツールの選択やバックアップのとり方については、環境に応じて各社でさまざまな工夫が必要なようである。

【グラフ3】仮想化導入における不安


























 ワークショップに参加されていた企業では、開発環境やWebアプリケーションサーバなどでの仮想化導入が多く、まだクリティカルな本番環境で使われている例は少ない。だが実際に仮想化ソフト上でアプリケーションを稼動させている現状を聞く限り、運用に一工夫が必要な点を除いて、技術的な問題はほとんど見られていない。(後編に続く)

(文責:株式会社ナレッジサイン 吉岡 英幸)

●後編はこちらから
●日立ソフトの各種ソリューションはこちらから

◆ワークショップレポートのトップページ
お問合せ先 info@k-signs.co.jp | サイトマップ
Knowledge Signs Co.Ltd. All right reserved.