イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ
イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ
トップページ news ワークショップレポート 会社概要 サービス内容 ファシリテーション研修 イベントカレンダー コラムページ メディア紹介
ナレッジワークショップ議事録
【日立ソフト主催 ワークショップセミナ 第2弾】 
「やっぱり甘くないのか?仮想化する理由、仮想化しない理由」 前編
テーマ 「やっぱり甘くないのか? 仮想化する理由、仮想化しない理由」
日 時 2008年6月 6日 東京開催
2008年6月12日 大阪開催
2008年6月18日 名古屋開催
2008年6月20日 福岡開催
参加者 サーバー統合などの目的で仮想化システムの導入を真剣に検討しているエンドユーザ企業様21社
主 催 日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社
ファシリテーター
株式会社ナレッジサイン 吉岡英幸

 日立ソフト主催で「仮想化」をテーマに開催されたワークショップ。今回は、2月の開催に引き続き、第2回目になります。今回は、東京、大阪、名古屋の3会場に、新たに福岡を加え、全国4会場で開催。仮想化を既に導入されている企業、仮想化導入に真剣な企業を中心に、21社にお集まりいただき、仮想化のねらい、仮想化のメリット、デメリットについて、ディスカッションをしていただきました。この4ヶ月で、仮想化を取り巻く状況は進化したのか?それともやっぱり甘くないのか?各社の仮想化への取組みに関する最新のナレッジをレポートします。本レポートは前後編の前編です。

1.仮想化への取り組み

◆仮想化導入の現状と背景
 【グラフ1】は第1回、第2回ワークショップ参加企業の、仮想化への現在の取り組み状況をまとめたものだ。参加企業全37社のうち3分の1が「サーバーの仮想化を既に導入している」との結果が出ている。未導入の企業についても、「現在具体的に検討をしている」という企業が多く、既に導入している企業と合わせると約7割の企業が、仮想化に向け、既に何らかのアクションを取っているとの結果が出ている。

 また、導入の目的については、第1回のワークショップでは、仮想化の導入目的として最も割合が高かったのは、サーバーの台数削減と、レガシーシステムの延命であった。前者は効果が高いのは一目瞭然だが、前に進めるほど実現のハードルは高くなる。これに対し、後者のレガシーシステムの延命は最も敷居が低く、その効果も実感しやすい。特にレガシーシステムへの対応として、仮想化による延命は、ある意味で「必須の方法論」となってきている。しかし、第1回のワークショップから4ヶ月が経過した現在、仮想化の導入には、この2つの目的以外に、様々な目的で仮想化を導入している企業が増えてきている。この点については後述したい。

【グラフ1】
2.仮想化への不安
【グラフ2】

 【グラフ2】は「仮想化導入に関する不安」について、参加企業のアンケートを集計したものだ。

 導入にあたり不安な点として「仮想化を導入している企業がまだ少ない」と回答している企業は2社とかなり少なく、第1回に比べても減少している。4月に行われた日経BP社主催の『仮想化フォーラム2008』でも、いわゆる「本番」環境、基幹系サーバーへと仮想化を導入した企業の事例がいくつも報告されていた。また、今回のワークショップでも本番環境への仮想化導入の例が紹介されていた。このように、これはこの4ヶ月の間に、仮想化技術がより成熟度を増し、数多くの事例が登場したためだと考えられる。

 では、現在、ユーザーは仮想化のどのような点に不安を感じているのだろうか。

◆ライセンス体系とサポートに対する不安
 サーバーの仮想化はメリットも大きいが、第1回のワークショップでは、市場として未成熟な部分があることも指摘されていた。具体的にはサポートとライセンスの問題である。

 現在、多くのソフトウェアベンダーでは、仮想化環境上でのアプリケーションの動作保証をしていない。そのため、問題が発生したときには、ユーザーがそのリスクを担わなければならない構造になっている。この点が仮想化導入の最大のネックとなっていることは少なくない。

 ライセンスの体系もベンダーによって様々であり、現時点では統一的な見解を見ていない。たとえば、Oracleでは、物理CPUに応じてライセンス費用が決まるため、仮想化サーバー上で使用しているCPUの数に関係なく、サーバーに搭載されているCPU数の分だけライセンス料を払う必要がある。これに対し、SQL Serverでは、仮想マシンに対してCPUが1-core割り振られているならば、1-core分のライセンスでOKという考え方をとっている。しかし、こうしたライセンスに関する見解の相違は、Oracle社やMicrosoft社の仮想化市場への参入もあるため、近い将来に見直されていくと考えられる。

◆障害時の切り分けの難しさ
 技術的にはかなり安定してきているが、ユーザー企業が自分たちの手で最初からすべて立ち上げられるほど「甘くない」のが現状のようだ。現時点ではハードに依存した、特定のドライバと仮想化ソフトを組み合わせた時にだけ発生するニッチな障害もあり、ユーザー側での障害切り分けは難しい。そのため、現状では、仮想化ソフトはマシンベンダーから購入するのが安全策のようだ。

 とは言うものの、第1回のワークショップでも、導入企業からは、仮想化ソフトそのものの動作は非常に安定しているとの指摘がなされており、実際に仮想化を導入したことによる問題はほとんど報告されていない。

◆仮想化環境での運用の複雑さ
 ワークショップでは、仮想化を導入した結果、運用が複雑化することに対する懸念もあげられた。仮想化を導入すれば、OSのバージョン管理に加え、当然ながら、仮想化ソフトウェアのバージョンまで管理しなければならない。仮想化ソフトの各バージョン間の互換性も運用上、気になるところだ。

 また、仮想化環境でのバックアップには様々な方法があるが、通常の物理環境とは異なる運用が必要となる。そのため、参加した企業からはバックアップに対する不安の声も多く聞かれた。VMotionなどの機能があれば、確かにシステムの可用性は高まるが、バックアップはこれとは別に取る必要がある。

 こうした課題に対処するには、各社の状況に応じた細かい運用ナレッジが必要だ。実際、仮想化を先行導入している企業では、いろいろと試行錯誤を重ねるまで、独自のナレッジを蓄積している。仮想化の運用は、運用を支援する様々なツールが充実してきてはいるが、導入を少しでも容易にするためにも、先行導入企業からのナレッジの収集や、信頼できるベンダーの助力が欠かせないだろう。

(文責:株式会社ナレッジサイン 森天都平)


●後編はこちらから
●日立ソフトの各種ソリューションはこちらから


◆ワークショップレポートのトップページ
お問合せ先 info@k-signs.co.jp | サイトマップ
Knowledge Signs Co.Ltd. All right reserved.